amazonのKindle ダイレクト・パブリッシングで電子書籍リリースしました。

先日、Kindleダイレクト・パブリッシングにて「しあわせクローバーのはっぴぃ」のお話しの中から「おさんぽ」を電子書籍にてリリースしました。

表紙のイメージです。

現在、自主制作にて「しあわせクローバーのはっぴぃ」書籍版1作目として、「きょうもはっぴぃ」というお話を制作している最中ですが、手軽に電子書籍としてリリースできるKindleダイレクト・パブリッシングにて、お話を1つ公開させていただきました。

内容は「おさんぽ」にでかける、シンプルでなんでもないようなお話ですが、
その中で子供ならでは?の心情の変化と行動を描いてみました。

登場人物の3人

主人公のはっぴぃよりも、少し心配性ながらしっかりもののお姉ちゃんの「ゆってぃ」と、好奇心旺盛で食いしん坊、そして甘えんぼうの「とってぃ」のお話と言ってもいいかもしれません。

普段はケンカしたり、いけずすることがあったとしても、いざどこかへ出かけたりすると、2人の姉弟としてのあり方が輝きます。そんな日常的な1シーン。

のんきにスタスタ歩くはっぴぃ、一方で…

少しだけ、中身の絵を公開しちゃいます。このシーンの3人それぞれの表情が、物語の全ぼうを語っている?のかもしれません。キャラクターの心情の変化を感じて欲しいです。

大泣きする2人

あらら、、2人は泣いているようです。一体何があったんでしょうか?ケンカかな?それにしては、しっかり手を繋いでいるようにも見えますね。

裏表紙、眠る3人。どんな夢をみてるのかな?

何の変哲もないようなストーリーの流れの中に、繊細な感情の動きを描きました。

きっと誰かの「心」ともつながれる、そんな風に思っています。

もし少しでもご興味をお持ちいただけましたら、一度amazonのサイトより、
「しあわせクローバーのはっぴぃ」で検索してみてください。

amazonという膨大な商品たちの中にあって、私たちの本は見つけていただいた皆様にとって「四つ葉のクローバー」のような存在でありたいと思っています。

「四つ葉のクローバー」の小葉(はっぱ)は、それぞれ、希望・誠実・愛情・幸運を象徴しているとされ、見つけた人には幸運が訪れるといわれています。

皆さんの中にある「純粋な心」、「忘れてはいけない大切なもの」そこに優しく響いて、気持ちがほっこりと温かくなる。といいな。

そんな風に想い、喜んでくれる誰かをイメージしながら、今日も描いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です